FC2ブログ

 先日、父の四十九日法要、納骨を終えた。

 次の新盆、さらに一周忌までは時間があるので、一段落がつき、少し落ち着いた気分である。

 ただ、落ち着いたといっても、すべて整理がついたわけではない。

 年金や健康保険の届出、公共料金等の名義変更、銀行口座の解約は終わったが、不動産の相続手続きはまだである。

 法務局へ出向いての手続きは面倒かつ、よく分からないので、専門家である司法書士に依頼しようと思っている。

 多少、お金はかかるが、あれこれ悩む時間を考えたら、こちらのほうが手っ取り早く、確実である。

 この前、例年のごとく、花粉症治療のため、病院へ行ってきた。そこでの待ち時間に何気なく雑誌をめくっていたら、今年の運勢という特集があり、今年の私は「整理の年」に当たるということが書いてあった。

 人間関係や今あるものを整理し、来るべき未来に羽ばたくために、いろいろと準備をする期間らしい。

 そういう意味では、今回の父との別れも自分を一回り成長させるため、前向きに考えるべきかなとも思う。

 父がいなくなっても、私は生き続けなければいけないのだから。

 立春も過ぎ、暦の上では春だが、今年の春は楽しみが一つある。それは私の地元でもあり、母校でもある高校が春の選抜に出場することである。

 投手がなかなか良さそうなので、まずは甲子園での一勝を目指し、頑張ってもらいたい。私は地元民として、OBとして応援するつもりである。

 春までもう少し。それまで一歩一歩、足元を固めながら、無事に穏やかに過ごしていきたいと考えている。


 ※次回の更新は正式な忌明け以降を予定しています(二月後半か、三月前半くらい)。いろいろと用事があり、更新ペースは落ちるかもしれませんが、また、よろしくお願いします。

 お父さんへ。

 考えてみれば、あなたに手紙を書くのは、これがはじめてですね。

 気がつけば、あなたの子どもとして生まれてきてから、五十年近い年月が過ぎようとしています。

 その間、私はどれほどの親孝行ができたのでしょうか?

 きっと、あなたが私にしてくれたことの何万分の一も返していないような気がします。

 私は結婚もできなかったし、孫の顔を見せてやることもできませんでした。もしも、私ではない誰かがあなたの子どもだったら、そのような喜びも、あなたは得られたかもしれないのに。

 本当に、ごめんなさい。

 あなたが家からいなくなって、やっぱり、さびしいです。でも、あなたの代わりは誰もいません。あなたは私たち家族にとって、ただひとりのお父さんです。

 もしも、生まれ変わりがあるとしたら、もう一度、私たちのお父さんになってくれないでしょうか。

 面倒かもしれませんが、よろしくお願いします。私たち家族は、あなたがお父さんではないとダメみたいです。

 今まで、本当に、ありがとうございました。これからも、あなたのことを想い続け、生きていくので、どこからか私たち家族を見守ってください。

 ありがとう、お父さん。