FC2ブログ
2020.12.31 生きる

 2020年も今日で終わり。

 そして、このブログの更新も今日が最後となる。こうして今日を無事に迎えられたことに、私はほっとしている。

 私の父が他界したのが昨年の一月。前日まで普通にクルマを運転していたが、朝方に救急搬送され、それからは何の言葉も発することなく、二か月半後に息を引き取った。

 人間、どういう風に死んでいくのか、分からない。

 もしも、突然、私が父のように死んでしまったら、このブログはどうなるのだろうと私は考えた。

 ある日を境に更新されなくなり、そのままという中途半端な状況は避けたかった。このブログは特に思い入れもあるので、終了するなら、きちんとした形を取りたいと思った。

 それが、このブログを始めた私の責任である。

 このブログを始めた頃、私は無職だった。

 朝一番でハローワークに行き、それからは自宅から離れた森林公園のような場所で、人目を避けながら、夕方まで過ごすのが日課だった。

 夏の暑さをひたすら耐え、冬の寒さに凍えながら、私は「自分は生きていて良いのだろうか」、「生まれてきて良かったのだろうか」と何度も考えた。

 このブログを書きながら、ずっと私は「生きる」ということを考えていたような気がする。

 現在になっても、自分の中で、明確な答えは出ていない。おそらく、この先の未来もはっきりとした答えは出ないのかもしれない。

 それでも「生まれてきて良かった」と今、私は思っている。この思いが自分の中から消えない限り、かつての私のように、仮に暗黒時代に戻ったとしても、這いつくばってでも、泥水をすすってでも、生きていけるのではないか。

 命ある限り、私は生きて、生きて、生き抜いていこう。


 長い間、応援ありがとうございました。みなさんの応援のおかげで、ここまでブログを続けることができました。みなさんと力を合わせて、このブログは出来上がったのだとただただ感謝しています。
 それでは、みなさん、良いお年を。良き人生を。   
                       道草吾郎    
             


 ありがとう  重ね重ねて  生きていく

 そういう風に生きていきたいですね