FC2ブログ
2013.05.31 安い男
 

 時々、テレビの調子が悪くなる。
 私の家は低地にあるので、電波状態があまり良くないらしい。何度も電器屋さんが来て、調整してもらっているが、一つのチャンネルの映りが良くなると、別のチャンネルが悪くなるというややこしいことになってしまう。
 仕方がないので、テレビはある程度、我慢して、レンタルDVDを活用している。
 現在、私が会員になっている店は三つ。
 旧作の一週間レンタル料金がA店が100円、B店が60円、C店が50円(アダルトのみ80円)。
 私が大学を卒業して、実家に戻ってきた20年ほど前は地元経営の個人店しかなく、一週間で500円だったので、一番安いC店は10分の1の料金である。
 随分と懐にやさしく、利用しやすくなった。もっぱら、私はB店か、C店を利用している。
 アベノミクスでは2パーセントの物価上昇を目指しているが、レンタル店の競争には、今のところ、関係ないようである。とりあえず、物価安は安定も高収入も縁遠い私には助かっているが。
 アベノミクスが爆発的に成功し、私のような非正規で働く人間にも、その恩恵が届くことがあるのだろうか。安物買いの「安い男」から私は卒業できるだろうか。