FC2ブログ
 
 今回からは、先日、参加してきた会社の安全研修の話をしたいと思います。まずは前日の移動から。

 
 工場で事故を起こした人間が受けなければいけない安全研修。研修施設は地方にあるため、日曜日にビジネスホテルに泊まり、月曜日の朝からの安全研修に工場のお偉方三人と一緒に参加することになっている。
 
 東京駅から新幹線での移動。私の座席のとなりには普段、接点のない年下のお偉方。もう二人は別行動で向かうらしい。つまり、二人きり。
 
 ちょっと、気まずい。
 
 私が起こした余計な事故のせいで、余計な仕事を増やしてしまった。あまり私に対して、いい印象はないだろう。

 しかし、年下のお偉方も黙っていると、気まずいと感じたのか、ぽつりぽつりと私に話題を振ってくる。工場のこと、私の前職のこと、そして彼の家族のこと。主に私が聞き役となって、話は交わされていく。
 
 無職時代、私は「いのちの電話」の臨床心理スタッフによる『傾聴ボランティア講座』なるものを受けたことがある。会話が苦手な私でも、聞き役に徹すれば他人との会話もスムーズにいくのでないかと期待したのだが、今回はその経験が役に立った。

 そんなこんなで、ぽつりぽつりとコミュニケーションをとりながら、新幹線から私鉄に乗り換え、今夜、宿泊するビジネスホテルの最寄り駅に到着。そこからホテルまで歩き、明日の朝の集合時間を確認して、私たちは自分の部屋に。

 よく知らないお偉方と一緒に移動する。最初の関門は無事に越えることができた。今夜はゆっくりと休み、体調を整えて、明日の安全研修に臨みたい。

                              安全研修その2に続く。