FC2ブログ
2014.12.31 さよなら、2014

 2014年も、もう少しで、その幕を閉じていく。

 思えば、この一年のはじまりを明るい気分で迎えたとは言いがたい。昨年の労災での指の骨折が完治せず、何となく重たい気分のお正月だった。

 その後、一泊二日の安全研修に参加したりして、工場勤務を続け、やっと三月末に通院が終了。さあ、これからバリバリと工場の仕事を頑張ろうと思っていたところに友人から転職の話が舞い込んできた。

 そして、あれよこれよという感じで、五月末から町工場で働くことが決定。試用期間を頑張れば、正社員になれるという。四十代の私にとっては、この上ない良い話。

 大工場の契約社員から町工場の正社員へ。人生の大転換かと思っていた矢先、祖母が亡くなった。亡き祖母に新天地での頑張りを誓い、私は祖母を見送った。

 五月末から三ヶ月間、町工場で奮闘し、晴れて正社員に。一生、契約社員で終わるのだろうなと、ついこの間まで、あきらめていたが、人生、変わるときは変わるものである。

 そして八月からは、まさかの中高年婚活が始まった。いまだ、運命の女性には出逢えていないけれど、孤独死まっしぐらだった私にしてみたら、大きな前進である。

 振り返ってみると、この一年は「変化」というキーワードだったのではないだろうか。

 環境の変化があり、心境の変化があり。それによって、人生を前向きに考えられるようになってきた。このまま、前を向いて、生きていきたい。

 はたして、来年はどんな一年になるのだろうか?


 みなさん、今年も一年間、お付き合いいただき、ありがとうございました。良いお年を。