FC2ブログ

 四十代の私が町工場に転職して、十ヶ月あまり。

 相変わらず、仕事に追い回されているが、この頃は慣れてきたからか、ちょっとした変化が出てきている。

 それは配達の途中に、カーラジオを聞きだしたことである。

 近場の内職さんへ行く時は聞いていないが、往復一時間くらいかかる内職さんや県外の埼玉県への長距離配達の時はカーラジオを流している。

 これまで、私は仕事中にラジオを聞くのを自粛していた。仕事中にラジオを聞くのは、どこか不謹慎なことのように感じていたし、それとラジオに気を取られ、慣れていない道をうっかり間違うことも心配していた。

 しかし、配達道路は毎回同じ道順だし、孤独なドライブの気晴らしに、ちょっとぐらいは許されるのではないかと考えられるようになってきた。

 実際のところ、ラジオを聞いていて、支障が出ていることはないと思う。

 心地よい音楽。軽妙なトーク。ほとんど聞き流している状態だけれど、それでも一瞬一瞬、楽しい気分になってくる。

 そういう気持ちの積み重ねで内職さんたちに接し、人間関係がスムーズにいけば、むしろ仕事的にプラスになるのではないだろうか。

 甲子園の高校野球中継を楽しむのもいい。劣勢に立たされている高校側に、「頑張れ」とラジオの向こうから声援を送る。逆転すれば、今度は反対の高校を応援する。勝手な応援だけれど、球児たちにはいいプレーをしてほしい。

 ラジオから流れる曲に合わせて、小声で歌うのもいい。この時季の私は花粉予防のため、マスクをつけて運転している。そのおかげで、クルマの外にいる人たちにも気づかれにくいだろう。

 素敵なラジオデイズ。今日もカーラジオからは素敵な時間が流れている。