FC2ブログ

 『茨城ダッシュ』という言葉があるらしい。

 本来、交差点において、クルマで右折する場合、直進するクルマを優先し、途切れたときに右折するのが筋である。

 しかし、『茨城ダッシュ』という運転技法は信号が青に変わった瞬間、直進してくるクルマが交差点に進入する前に、ダッシュのごとく、右折するものである。

 正直なところ、私も若かりし頃、この茨城ダッシュを使い、右折をしてしまったことが何度もある。

 たぶん、まわりのドライバーに流されていたのだと思う。

 結構、私が住む茨城では、そのようなドライバーを多く見かけたし(だから『茨城ダッシュ』という名前が付いたのだろうか)、直進するクルマから「先に行け」という合図をされ、右折を促されることもたまにあった。

 ただ、この頃は『茨城ダッシュ』を私は封印している。

 運転マナーを無視して急いでも、その先の信号に引っかかることもある。少しばかり焦ったところで、トータル的には、それほど時間も変わらないのではないか。

 それと年齢的な問題もある。高齢ドライバーの事故ではないが、年を取るにつれ、判断力、反射神経などの能力も低下してくる。

 私も四十代半ばになり、いつまでも若い頃のイメージのままで運転していては危険につながるのではないか。無理をせず、ルールを守って、安全運転。

 自分のためにも、他人に迷惑をかけないためにも、それが一番だろう。

 いつまでクルマを運転できるか分からないが、今後も事故なく、ドライバー人生を全うしたいものである。