FC2ブログ

 先日、五月の連休旅行で宿泊するホテルの予約をした。

 ここ数年、ゴールデンウィークと秋の連休の年二回、旅行することが恒例となっていて、私の一年における大きな楽しみになっている。

 できることなら、もっと旅行の回数を増やしたり、さらに跳躍すれば五年くらい放浪の旅でもしてみたいとも思う。

 ここではないどこかに対する憧れが常に自分の中に存在している。きっと旅をしたいという欲求は自分という人間を形作っている大きな要因の一つでもあるのだろう。

 それでも、自分の家にいることも旅と同じように(あるいはそれ以上かも)好きである。

 やっぱり自分の家は落ち着くし、楽だし、お金もそれほどかからないし、人生の基盤といっていい。

 変わることを望んでみたり、変わらないことで安心したり。日々、人はそういう狭間にいて、行ったり来たりを繰り返しているのかもしれない。

 ただ、変わるといっても、この頃は自分が手に負える範囲内にしたいなと思う。

 何年か前までは結婚をしたいと思っていたけれど、今はその欲求も大分、薄れている。このまま独り身でいるほうが、自由でもあるし、誰かに迷惑をかけることも少ないのではないかと。

 とはいえ、何がどうしてどうなるか分からないのも人の縁なので、もしも、そのときがあったら、改めて考えたい。

 月曜から金曜まで仕事をして、土・日はちょっとしたお出かけや家でゆっくりと過ごす。基本、この繰り返しのなかで、小さな変化も楽しんでいけたらと考えている。