FC2ブログ

 一応、今、世の中的には10連休になっている。

 連休には、あちこちと出かける人も多くなる。海外の観光地を巡ったり、国内の温泉地でゆっくりしたり。人それぞれ、自分の旅を楽しんでいることだろう。

 その楽しい旅の最終盤にやってくるのが、お土産選びである。

 お土産選びは、その人のセンスが重要となってくる。

 美味しそうだと思って、買ってみても、実際はそうでもなかったり。値段が高ければ良いものは買えるだろうけれど、青天井というわけにもいかない。

 ある程度の予算内で、パフォーマンスが良いものを選ぶ。まさに、自分のセンスが結果を大いに左右する。

 私の場合、自分のセンスに全く自信がない。

 そこで、私のお土産選びのキーワードは「不平等」である。

 「人間みな平等」というのは、ひどく現実離れした理想だと私は思っている。

 モテる人間はとことんモテるし、要領がいい人間は仕事でも良い結果を出すし、大した努力をしていないのに幸運がやってくることもある。

 人それぞれ、人生それぞれ。そこに完全なる平等を求めるのはとても不自然なことだと思う。

 その真理を私はお土産にも反映させたい。いくつかの味の種類があるアソートものや毛色の違うものをいくつか買っていき、相手に選んでもらう。

 その中で当たりの人もいれば、外れの人もいるだろう。その当たり外れの中に人生を感じてもらえればと私は考えている。

 お土産。そこにも人生の縮図は描かれている。