FC2ブログ

 ここで何度も書いているが、私は人付き合いが苦手である。

 そもそも、私は人付き合いの基本というか、初歩である相手の名前を呼びかけることがうまくできない。

 相手の名前を呼ぶことに変な恥ずかしさを感じたり、妙な緊張感を持ったりしてしまう。

 結果、相手の名前を呼ばずに「ちょっと」とか「すみません」とか呼びかけ、相手の注意を自分に引きつけることが多くなる。

 相手の名前を呼ぶことは相手との距離をぐっと縮めることではないかと私は思う。

 短期間の付き合いで、自然な感じで相手の名前を呼び、他人との距離をつめられる人はすごいと私は感心する。

 名前を呼びかけることは苦手だが、呼びかけられるほうなら何の抵抗なく、受け入れられる。

 ただ、その場合、本名よりも、あだ名で呼ばれるほうが気楽に受け入れられるのでいい。

 本名で呼ばれると素の自分の無防備感があるが、あだ名なら緩衝材的役割もあるので変な気構えをしないで済む。

 学生時代、友人からはあだ名で呼ばれることが多かった。

 本名をもじったもの、あるいは由来が全く分からないものまで、数えてみると六つほどあるが、どれも私としては気に入っていて、あだ名をつけてくれた人間には感謝している。

 本名にしろ、あだ名にしろ、名前はその人の持つ個性の一つではないかと思う。

 人間は不完全な生きものだから、好きではない自分の個性もいくつかあるだろう。そんな中でも好きな個性が一つでもあれば、それは幸福なことではないかと私は考える。

 誰かを呼びかけ、誰かから呼びかけられ。その中に小さな幸福が含まれることを私は願うばかりである。
Secret