FC2ブログ

 先日、このブログで私が使っているハンドルネーム「道草吾郎」で検索してみた。

 当然のように、このブログに関するものや、他のみなさんのブログで私がコメントしたものが結果として出てくる。

 その中で、私が気になったのは画像である。

 これまで、このブログの中で、私が撮った写真を何枚も紹介してきたが、そういうものはもちろん、私が関知していないものまで数多く羅列されている。

 元SMAPの稲垣吾郎さんの画像があるのは、おそらく「吾郎」つながりなのだろう。まぁ、このくらいなら、多少、間違って入り込んでいても理解はできる。

 しかし、検索結果の中には、知らないおじさんたちの写真もあった。それを見た人はこの人が「道草吾郎」なのではないかと誤解するのではないだろうか。

 すべてを確認はできないが、たぶん私の容姿の写真はインターネットの世界には出回っていないはずである。

 その状況で「この人、誰?」という人たちが、もう一つの自分の検索結果に出されているのは何だか、不思議というか、不条理なものも感じてしまう。

 おそらく、インターネット社会は今後も人類が存続するかぎり、なくなることはないだろう。そして年々、あらゆる情報が蓄積されていくはずである。

 人の命には限りがあるので、私も世界の行く末を最後まで見届けることはできない。現在でも誤解される可能性があるのに、私がいないずっと先の未来に何か不都合が起こることはないだろうか。

 しかし、一方で、大して心配することでもないかとも思う。今、自分と関係ないものが検索結果と出ていても、本名でもないので、特に実害を被っているわけでもない。

 さらに、ずっと先の未来では、私の情報なんて、歴史の中に埋もれ、掘り返されることもないのではないか。

 はたして、インターネット上に残された私の行き先はどんなものになるのだろうか。

Secret