FC2ブログ
2018.06.02 相性を探して

 たぶん、これは相性というものなのだろう。

 自分のクルマを運転しながら、この道路が気に入らないと思う。系列のありがちなコンビニなのに、落ち着かない感じがあり、早く出たいと思うお店がある。

 別にクルマで通りにくい細い道というわけでもない。特に品揃えが劣ったり、柄の悪い人間に占拠されているお店でもない。

 ただ、そこを通ると、そこにいると、苦手な感じが出てしまう。

 かつて、その場所で事故か事件が起きたのだろうか。霊感が強くない私には、はっきりと見えないので、よく分からない。

 真相はともかく、そこを避けるために別の道や他の店を使うことになる。そして、それが重なり、通い慣れた道になり、お気に入りのお店になって、固定化されていく。

 そういう行動様式だと、自分の世界はそれほど広がっていかない。同じようなところをぐるぐると回っているだけの当たり障りのない日々である。

 おそらく、このような傾向は人付き合いにも一部、当てはまるだろう。

 悪い人ではないのに、話していると落ち着かない。一緒にいると、何となく気疲れしてしまう。

 ただ、人間関係は複雑で、道路やお店の替わりを見つけるように、「相性が悪いから」という理由で関係を切り捨てるのも難しい。

 相性のいい場所で、相性のいい人と共に時間を過ごす。最高の時間の過ごし方かもしれないが、人生の100パーセントをそんな風に過ごすのは不可能だろう。

 ときに相性の悪さに我慢しながら、お互いの距離感を保ちつつ、相手と向き合っていく。

 でも、逆説的に考えれば、それは自分の世界を広げるチャンスでもある。苦手だと思い込んでいたものが、時間が経つにつれ、そうではないことに気づくかもしれない。

 相性の良さ、悪さを探しながら、今日も人々は自分の世界をつくっていく。
Secret