FC2ブログ

 それにしても暑い。

 命に関わる危険な暑さと言われているが、確かに、こうも高温多湿の日々が続くと、我慢強さを自負している私も、さすがにしんどいところがある。

 毎年のように書いているが、エアコンなしでいつまで過ごせるかと実験中の私の部屋にはエアコンがない。去年、買い換えた扇風機があるだけである。

 その扇風機も気温が35℃くらいになると、もはや熱風機である。開け放した窓から、ごくたまに入っている自然の風と比べたら、天国と地獄とまではいかないが、地獄の入り口くらいの差がある。

 夜になると、外気温も下がってくるが、昼間、建物にためこんだ熱が放出されるからか、部屋の気温は下がっても30℃前後である。

 寝ようとしても、30℃もあると、かなり寝づらく感じる。一応、扇風機をタイマーセットして横になるのだが、夜中に何度も目を覚ましてしまう。

 先日、健康診断をしたのだが、心電図のほうで、いつも違う結果が出た。医師の説明によれば、心配のないレベルらしいが、ひょっとしたら、この暑さで心臓が疲れている部分もあるのかもしれない。

 まわりに流されないで、自分を貫くというのは尊いことだろう。我慢強さも本来は褒められるべきものだと私は思う。

 しかし、健康・体調管理の面でいえば、それらはときとしてマイナスに働くこともあるのではないか。

 加齢による体力低下、臓器の疲れを自覚し、変な意地を張らずに、頼れるものは頼ったほうが健康で長生きできる可能性が高くなるのではないか。

 夏に負けてたまるかという思いを持つのはいい。ただ、もはや気合いだけで乗り越えられる夏ではなくなっている部分もあるのではないだろうか。

 そろそろ私も観念して、エアコンのお世話になろうか。そう考え始めたこの頃の猛暑である。
Secret