FC2ブログ

 ときどき、水平が分からなくなる。

 たとえば、パソコン作業をしているとき、若干、パソコンが右に傾いているような気がしたり。画面だけではなく、パソコン全体が後方に下がっているような気がしたり。

 特に精確性を必要とする作業を家ですることはないが、気になるときは気になってしまう。

 そこで水平不安症を解消するため、ミニ水平器をホームセンターで買ってきた(アクリル樹脂の容器の中に液体が入っていて、その中に浮かぶ気泡の位置で水平を確認するもの)。

 実際に確認してみると、多少の傾きがあるものの、それほど水平は狂っていない。

 単なる気のせいかと思い、私は安心するのである。

 モノの水平は簡単に確認できるが、人間の考え方の水平(公平)を測るのは難しい。

 右に寄ったり、左に寄ったり、あるいは突飛な方向に傾いていたり、もしくは落ち着きなく行ったり来たり。

 人それぞれ、考え方は千差万別である。その中で、自分の考え方がどれだけ公平を保っているのか、見極めるのは非常に難しい。

 さらに人の考え方というものは永久不変ではなく、そのときどきで変わる可能性もある。近くにいる誰かに影響されたり、あるいは時代から変化を求められたり。

 ときどき、自分の考えが公平なのかどうか、不安になることがある。そんなとき、簡単に測れる水平器のようなものがあったらいいのにと思う。

 公平でいるためには、他の人間の様々な意見、考え方に接することが大事なのではないかと私は思う。そうすることで、自分の立ち位置がならされ、より公平に近づくことができるのではないだろうか。

 水平と公平。今日も、そんなことを気にしながら、私は生きている。
Secret