FC2ブログ

 なぜか、夏になると食べたくなるのがカレーである。

 というわけで、とある休日のお昼ごろ、国道沿いのビルの2階にあるインド料理店に。そのお店は何度か名前を変えながら、営業を続けていて、今の名前になる前の前に私は時折、利用していた。

 最近、ネットで調べてみると、良心的な価格と味のようなので、安心して、店内に入っていく。店内は相変わらずのインド風装飾が施され、店名は変わったが、久しぶりに帰ってきたという感じがした。

 冒頭、カレーを食べたくなると書いたが、実際に食べたのはチャーハン風のチキンビリヤーニである(本来のビリヤーニは炊き込みご飯らしいが、それでは手間と時間がかかりすぎて、すぐには提供できないのだろう)。

 出てきたチキンビリヤーニはマイルドな味付け。それほどスパイシーではなく、はじめて食べる私にも受け入れやすく、ゴロゴロと入っているチキンの塩加減もちょうどいい。

チキンビリヤーニ 

チキンビリヤーニ(ドリンクはマンゴーラッシー)

 食べ慣れないインディカ米、テレビの画面から流れ続けるインドの風景、そしてインド人の店員。インド感あふれる閉じられた空間にいると、もはや、ここはインドではないかと思えてくる(ちょうど、お客さんも私以外に、ひとりいるだけだった)。

 なかなか海外に行く機会を持てない私にとっては、ちょっとした海外旅行気分を味わえたような気がする。

 料理も美味しかったし、お得なスタンプカードもつくったので、また少し先に食べに行くことになるだろう。そのときは、今度こそ、カレーを食べようと思う。

 さて、話は全く変わるが、その日の午後、市内の八郷地区で開催されている「アートサイトやさと」へ行ってきた。

 武蔵野美術大学の学生さんたちが八郷地区で取れる竹などを素材にした作品を展示するアートイベント。正直なところ、作品の芸術性を私がどこまで理解できたか疑問に残るところもあるが、里山の中にアートという試みは面白いと私は思った。

 というわけで、いつもと違う時間を過ごした休日の一日であった。

アートサイトやさと 

アートサイトやさと2 


アートサイトやさと3 


アートサイトやさと4

Secret