FC2ブログ

 コスモスから、何を連想するだろうか?

 町工場での外回り。その途中、たまに通る田んぼ沿いの田舎道。

 この時季、その道端に、コスモスが連なるように咲いている。いわゆるコスモス街道というものである。

 自然のままに咲いているという感じで、整備された他のコスモス街道と比べたら、華やかさは少ない。けれど、その分、素朴な感じに満ちていて、目にすると、ほっとするような風景である。

 花は美しいけれど、反面、儚いものである。

 春のさくら。夏のひまわり。秋のコスモス。冬のツバキ。

 それぞれの花がそれぞれの季節の中で、命を燃やし、束の間の美しさを私たちに見せている。

 もしも、生まれ変わりがあるのなら、花に生まれ変わるのもいいなと私は思う。

 チューリップの可愛らしさもいい。朝顔の清々しさもいい。リンドウの仲良く咲き揃う様もいい。シクラメンの華やかさもいい。

 いろいろと花はあるけれど、あの道端のコスモスのひとつになれたらと私は思う。

 わざわざ立ち止まって、見る人はほとんどいないかもしれない。けれど、通り過ぎる人たちに、ふんわりとしたやさしさのようなものを思い出させてくれる。

 そして秋の風に、ひらひらと揺れる様子からは、どことなく自由な感じが漂っている。まるで秋の空に愛された無邪気な子どもが遊んでいるように。

 生まれ変わりはコスモスで。もしも、その願いが叶えられるなら、どんなに素敵なことだろう。


DSC00275.jpg


 
 ※今日(10/6)、明日(10/7)と旅行のため、コメント欄を閉じておきます。みなさん、良き週末を。